コワーキング

【チェンマイ】ノマドに有名な「C.A.M.P.」に行ってきたのでデメリットも書いてみた

サワディーカー!KOTOです。

タイのチェンマイはWifi・電源があるおしゃれカフェが多く、ノマドワーカーの聖地と言われています。

その中でも特に有名なのが、ニマンヘミンエリアにあるMAYAショッピングモール内のコワーキングスペース「C.A.M.P.」。

私も行ってみてすごく感動しましたし、周りの日本人ノマドワーカーで常連もたくさんいたのですが、個人的にちょっと辛いな、と思った部分も…。

そのため今回は、いいところ・ちょっとなぁと思った点も含めて「C.A.M.P.」についてまとめてみました☆ミ

コワーキングスペース「C.A.M.P.」の雰囲気

「C.A.M.P.」の外はこんな感じ。休日などで混んでいる時などは、開くのを待っているのかここにたくさんの人たちが座っていました。でもやはり長時間作業の人が大半なので、ちょっとムリかな…と諦めて帰ったこともw

中は非常に広いです。カウンター席、階段状のところに敷いてあるマットに座る席、横並びになる長机席、中には秘密基地的な感じで2階に上がるスペースなど多種多様。ベランダもあるので、冷房が苦手な人はそこに避難するといいかも。そこにも座るところがあります。

なんというか図書館のような雰囲気です。シーンとした中でみんなが黙々と勉強したり作業したりしてます。

ちなみに、ドリンクやフードは入口はいってすぐのカウンターで先払いし、番号がモニターに出たら取りに行く仕様になっています。

コワーキングスペース「C.A.M.P.」のメリット

24時間営業。18時ごろにcafeが閉まってしまうことが多いチェンマイではすごく貴重!

時間無制限で居られる

1注文ごとに2時間のWifiチケットがもらえる

・3階でAISのSIMカードを購入すれば、無制限でWifiが使える(AISのwifiのフリースポットなため)

・CAMPが入っているMAYAショッピングモールは大通りに面しているので、夜中でも比較的安心して歩ける

・世界中のノマドワーカーが集まってパソコンで作業しているため、緊張感を持って作業できる。「自分も頑張ろう」と思える

・とても広く、様々な席があるため自分が好きな席が選べる(空いている時)

コワーキングスペース「C.A.M.P.」のデメリット

日中は非常に混んでいる(特に土日)ため、席が取れないこともある

エアコンの音が大きく、体調が悪くなってしまう(これが一番ネックでした。もともと、私が三半規管が弱いから?だと思います。夜気になって寝られないタイプの方も苦手かも)

・全体的に椅子が硬くて長時間座っているのがきつい

・コーヒーやご飯があまり美味しくないw(そこを求めちゃいけないですねw)

・視界を遮るものがなく人が多いので、あまりリラックスできない

・人がたくさんいると無料Wifiが遅い時がある

コワーキングスペースCAMPの基本情報

「C.A.M.P.」が入っているMAYAライフスタイルショッピングモール。旧市街からニマンヘミンエリアに向かう大通りに面しています。

MAYA(メイヤー)の営業時間は11時〜22時。営業時間外は、裏口から入ってエレベーターで上がって入ります。閉店後のデパートに忍び込む気分になって楽しい(´ `*)!!

住所 Chang Phueak, ムアンチエンマイ チエンマイ 50300 タイ(MAYAショッピングモール内)
営業時間 24時間営業(夜は裏口からエレベーターで上がって入る)
定休日 なし
Wifi/電源 Wifiあり。電源豊富。一席につき1つあるかも、というくらいある

さいごに

KOTO
KOTO
あえてデメリットも書いてしまいましたが個人的な意見ですし、合う人にはすごく合うようでリピーターもたくさんいました!
うさ
うさ
特に夜型の人については、ここがベストだろうなーと思います!