チェンマイ

初海外の私がチェンマイで1ヶ月暮らしてみた感想(メリット・デメリット)

 

こんにちは!KOTOです(*^_^*)

私は2018年2月に、タイの北部チェンマイで一ヶ月暮らしていました♪

マンションを借りるのと迷ったのですが、初海外ということで、オーナーさんが日本人女性のゲストハウス「スローハウス」にずーっと泊まっていました(´ `*)

 

もう永遠に住める・・・いや・・・住みたい・・・!!

そんな風に思ったチェンマイのメリット・デメリットをまとめてみたいと思います!

【チェンマイで暮らすメリット】

 

①物価が安いからお金を気にせず暮らせる!

 

2018年4月現在の物価は1バーツ(以下、B)≒3.5円。

そのため、あんまりお金がなくってもお金を気にしないで生活ができます(´ `*)

・マンションを借りるのと同じくらいの金額でゲストハウス暮らしができる(清潔・安全なスローハウス、長期割引込みで一ヶ月3万円弱で泊まれました!家賃より安い!)

・外食文化だけど一食30バーツ~。つまり105円くらいでお腹いっぱい食べられる

②治安がとても良い

 

初海外でものすごく心配だったのですが、日本とほぼ同じ感覚で街を歩けます♪

さすがに夜遅く一人では出歩かなかったけど、宿泊者で集まってナイトマーケット行って、旧市街からニマンヘミン通りまで歩いたこともありました!

外灯もたくさんあるので、近くのセブンイレブンとかデパートには夜でも気にせず出かけていましたよ(*^_^*)

③超おしゃれなwifi・電源つきカフェがあるノマドの聖地!

 

チェンマイはノマドの聖地と言われているほどネット環境がいいんです!しかも、個性豊かでおしゃれで落ち着くカフェばかりでたまらなくリラックスできます・・・

 

④語学留学・マッサージスクール費用が安い!

 

チェンマイには英語・タイ語学校がたくさんあります♪

私はいくつかまわって、一番安かったYMCAスクールをセレクト。

イギリス出身の先生とマンツーマンレッスン20時間で、10,000B≒35,000円!

噂に聞くセブ島のスパルタスクールとは違ってゆる~い雰囲気でしたが、「つたなくっても英語でどんどん話しかければ、意外と通じる!そして、英語をつかっていろんな人と話すのはすっごく楽しい!」という成功体験が得られたので、すごくいい財産になりました(´ `*)

また、チェンマイにはマッサージスクールも豊富!!ゲストハウス内外で、通っている方とたくさん知り合いになりました。

⑤タイ古式マッサージがお手ごろ価格で受けられる(´ `*)!

 

日本でマッサージを受けようとするとかなりのお値段だし、敷居も高い・・・。

そう思っていた私でしたが、チェンマイでマッサージ初体験できました~(´ `*)!

200B≒700円で全身マッサージが受けれるんです。ありがたや・・・!!

 

【チェンマイで暮らすデメリット】

 

①時期を選ばないと暑すぎる。

 

タイは乾季・雨季・の3シーズンに分かれています。

3月ごろから気温がぐんぐん上がって、夏は40度近くになるみたいです・・・!

私が行ったのは2月だったので秋くらいの気温でとても過ごしやすかったのですが、暑いのが苦手な方は注意です!

②インフラ関係が弱い(特に水道)

 

バスタブがなかったり、シャワーの冷・温調節が難しかったり、水が出なくなったりします。

でもまあ、その時は別のホテルに泊まっても良いのだし、代替手段はいくらでもあるのでマイペンライ(問題ない)かなw

③意外とクレジットカード払いができない

 

ここはけっこうネックでした!

私はエポスカードを持参していったのですが、宿でも英語学校YMCAでもクレジット対応していなかったため、日本円を両替して支払いをしました。

エポスカードはキャッシュの上限が10万円までだから長期滞在にあたってはちょっと不安だし、もしトラブルでカードが使えなくなったらどうしようという不安を抱えつつ過ごしてました(>_<)

カフェやスーパーなどでは使えるところが多いですが、長期滞在で宿泊費がかかる方・語学やマッサージスクールに通う予定の方は、多めに現金を持って行った方がいいと思います!

さいごに

 

KOTO
KOTO
正直天国過ぎたので大したデメリットは浮かびませんでした・・・。日用品も揃うし英語できなくても大丈夫なので、ぜひいちどいってみてほしいです٩(ˊᗜˋ*)و ♡
うさ
うさ
世界ゲストハウスにいた各国を旅している人たちの間でも、チェンマイ超過ごしやすい!暮らすのに最適!!って声が多かったですよ~