コワーキング

KAMAKURA COWORKING HOUSE(鎌倉コワーキングハウス)に行ってみた感想


 

こんにちは!KOTOです(@tokotoko_days)。

今回は、ずっと気になっていた「KAMAKURA COWORKING HOUSE」(“カマコワ”)に行ってみました!

 

鎌倉駅からはバスで移動が必要になりますが、女性なら特に、一度行ったら居心地が良すぎて何度も通ってしまいたくなるような素敵空間でしたよ💓

「託児室付きコワーキングスペース」で、child care supportが¥500/1H受けられます。

お子さん連れのママさんにとっても大切なサードプレイスになっているようでした。

お家の様子を撮らせていただいたので、ご紹介して行きます♪

 

1階 カフェスペース

玄関から入って扉を開けると、1階にはナチュラルで優しい雰囲気の落ち着く空間が!

入ったときは若いお母さんが2組、お子さんが遊んでいる様子を優しく見守っていました。

おもちゃやぬいぐるみがたくさんあって、オムツ替えのスペースも用意されています。

地域の方には大切な、日常の慌ただしさから離れて安らげる場所になっているようでした(´ `*)

カフェでは、ランチやドリンクを頼むことができます。

コーヒーもありましたが、酵素シロップをお湯で割ったもの(¥500)と手作りリンゴケーキ(¥200)をいただきました。ほっとする優しい味わい🥧✨

カウンター席3席と、ソファー席2つ、こたつがあって、それぞれの場所でくつろぐことができます。

私はコタツにおじゃまして、こうして今パソコンを打っています 笑

電源とwifi があって助かります!

2階 コワーキングスペース

コワーキングスペースは2部屋に分かれています(事前予約制)。

Aのお部屋は大人専用。

ミシンやトルソー・様々な形のテーブル&椅子があって、パソコン作業に限らず、「集中して好きなことを好きなだけできる場所」というコンセプトがよく伝わってきます。

B・Cのお部屋の扉を開けると、まずはリビングルーム。

右手の扉を開けると、パソコン作業が捗りそうな3帖のスペースがありました。

こちらのお部屋は、お子さまも入って大丈夫。絵本やキッチンセット・おもちゃがあって、いくらでも遊べそうです。大人が見てもきゅんとします。

マガジンザックには大人向けの雑誌もたくさんあり、ベッドもあって…、これは、家出をしてここで過ごしたくなる 笑

奥の部屋はこんな感じ。理想のお部屋すぎて、萌えてたまりませんでした。

ここで作業したら、捗ってしょうがないだろうなぁ……!!

雑誌の中に載っていそうな小部屋でした。

「将来、絶対にこんな部屋を作るぞ!」密かに決意してしまいました。


KAMAKURA COWORKING HOUSEのアクセス

鎌倉駅からバスで約15分ほどの「常盤口」で降りたところから歩いて5分くらい。

道路に面した道から急な坂道を登った右手側の突き当たりにポツンと看板が。

こんなところに!?というところにあり、知っていなければぜったいに見つけられない場所にあります 笑

でも、google map 先生に聞けばそんなに迷わずたどり着けると思いますよ〜!


(バス停「梶原口」からも歩いていける距離なので、

ベーぐるもへあるのモーニングを食べて1日の良いスタートを切る→

本格四川麻婆豆腐のかかんでランチしてパワーチャージ→

POMPONCAKESで美味しいケーキを食べて幸せなひとときを過ごす→

カマコワでリラックスして作業

すれば、裏鎌倉を一日で満喫できます♪♪)

まとめ

一軒家が丸ごとコワーキングスペースになっていて、女性オーナーさんは涼やかな声と話し方が素敵な方で(ラジオもされているそう)、アクセスしにくい場所ながら唯一無二の魅力を放つ場所でした。

今コワーキングスペースは流行っているけれど、保育サポートがあるところは珍しい!

ママではなくて一人の女性に戻って作業したり、休んで回復したり・・・そんな風にできる場所は貴重なんだろうなぁと感じました。

詳しいプランや営業時間は「KAMAKURA COWORKING HOUSE」のホームページから。

貸し切ってイベントをしたりもできるそうで、アイデア次第で可能性が無限大に広がりそうです💡

まずはカフェにドリンクかランチ利用で入ってみて、その後コワーキングスペースを使ってみるのがいいかもしれません🌟

ぜひ利用してみてください〜!٩(ˊᗜˋ*)و